大腿骨頸部骨折センター
雨宮病院TOP大腿骨頸部骨折センター
大腿骨頚部骨折センターのご紹介
大腿骨頸部骨折センター

 大腿骨頸部骨折センターは、転倒による股関節骨折からの早期回復をはかるため、当院内に設立した専門機関です。

 現在日本は、いまだかつてない高齢化社会を迎えつつあり、医療の高度化と予防医学の進歩により平均余命は著明な伸び方を示しています。

 いつまでも健康で元気で、自分の力で生活して行けるのが一番いいことです。
 しかし、一方では転倒による骨折など、高齢者の外傷も急激に増加しているのも現実です。
 特に下肢の骨折は、安静を強いられ、心肺機能や筋力の低下など生命予後を左右する要因となっています。

 転倒による骨折は、その転倒方向により受傷部位がほぼ推定することができます。前方への転倒では手首(橈骨遠位端)、肩(上腕骨頚部)の骨折、後方では脊椎圧迫骨折、そして側方では股関節(大腿骨頚部)骨折です。

 これらの中で、脊椎圧迫骨折と大腿骨頚部骨折は、長期安静が必要となり、生命予後に重大な影響を及ぼす原因となります。

 大腿骨頚部骨折は、このように手間のかかる骨折ですが、治療法は確立されており、その予後は良好です。

患者数の推移 当病院では、毎年この大腿骨頚部骨折の症例が増加傾向であるため、手術症例に対して、術式やリハビリテーション・看護体制の標準化を行っております。

 早期の歩行開始や、退院時の生活様式に見合った目標設定を立てることより、効率的に入院期間の短縮が可能となりました。




 大腿骨頚部骨折センターでは、治療及びリハビリテーションを専門的に行っています。
 このページでは、治療法、入院生活、リハビリテーションについて簡単に記載しましたのでご参照ください。ただし、重大合併症をお持ちの患者さんは対応できかねることもあります。
センター長
副センター長
事務局長
 中 村 正 則
 池 田 正 典
 佐 藤 昭 彦

next → 大腿骨頚部骨折とは