診療案内のページです
雨宮病院TOP診療案内整形外科股関節専門外来(整形外科)
整形外科
リハビリテーション科
形成外科
内科・胃腸科
皮膚科
特別美容外来
股関節科目 整形外科
主な対象疾患
変形性股関節症、骨頭壊死、大腿骨頚部骨折など
診療科の特色
 
 変形性股関節症や先天股脱、ペルテス病、突発性大腿骨頭壊死をはじめとする股関節疾患を治療しています。変形性股関節症は加齢などにより関節軟骨が擦り減り、関節が変形したり、破壊する病気です。
 先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などが原因で起こる二次性股関節症がほとんどで、特に女性に多く発生します。
 骨頭温存手術が有効な場合には、股関節の状態に応じて、臼蓋回転骨切り術や臼蓋形成術、大腿骨骨切り術を行なっており、病状が進行して、温存が難しい場合には人工股関節置換術を行っております。

 当病院では昭和大学教授、中村正則医師による股関節の専門外来、手術を行なっておりますので、どうぞ整形外科にご相談ください。
ドクタープロフィール
中村正則
中村正則
昭和大学医学部整形外科 教授
  • 日本整形外科学会 専門医、リウマチ医、スポーツ医
  • 日本股関節学会 評議員
  • 日本人工関節学会 評議員
  • 日本リハビリテーション医学会 臨床認定医
  • 日本リウマチ学会 専門医
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター