診療案内のページです
雨宮病院TOP診療案内整形外科スポーツ外来(整形外科)
整形外科
リハビリテーション科
形成外科
内科・胃腸科
皮膚科
特別美容外来
スポーツ外来 整形外科
主な対象疾患
日常行っている趣味としてのスポーツや、中高生・大学生・プロ選手のスポーツ部活動、小学生のスポーツ少年団における活動、そして中高年者の生涯スポーツなど、今やスポーツの位置づけは多岐にわたります。
それに伴い、スポーツ中に起きる外傷・障害、また小さなころからスポーツをしていく上での成長期特有の障害など、「ケガ」の種類も多くなっています。

当院ではケガ等の診療後にはリハビリテーションを行います。
スポーツ外来 身体とケガの様子を知り、治療だけではなくスポーツをする上での体の使い方などもアドバイスしています。受診後はリハビリだけの通院も可能です。

当院ではスポーツ活動支援とリハビリに力を入れており、スポーツ外来では痛みや不安なくスポーツに復帰できるよう、患者さまをサポートして参ります。
診療科の特色
《スポーツ外来とは?》
整形外科では、スポーツ外来を設け、スポーツでケガをされた方の診察を行っています。診察時間は、週により多少変更がありますので、事前にお電話などでお尋ねください。
《スポーツ外傷とスポーツ障害》
スポーツによるケガには二通りあります。
@【スポーツ外傷】
転んで捻ったり、タックルされて打ったといった、いわゆるケガのことです。骨折・捻挫など突発的に起こるものがこれです。
A【スポーツ障害】
同じ動作をくり返して身体の一部分に何度も力がかかる、つまり使いすぎによって起こる障害のことです。腱鞘炎・ジャンパー膝・野球肘など、慢性的なものがこの代表です。
《競技力向上》
スポーツは記録や技への挑戦です。「根性」だけでは、活躍は期待できないばかりか、かえって新たな障害を生むことになりかねません。
スポーツ医学はケガなどの「マイナス面をなくすこと」の他、体力づくりや筋力強化などの「プラス面をより高める」ことにも関係しています。
《治療からスポーツ復帰へ》
ケガから回復するときふつう病院での治療は日常生活が十分行うに足るまでで終了します。そこからより以上の筋力回復やプレーできるコンディションづくりが必要となります。
当院では理学療法士が運動機能回復を促したり、筋力の回復を定量的に測定して運動訓練に役立てています。
ドクタープロフィール
雨宮雷太Dr.
雨宮雷太
雨宮病院 院長・理事長
昭和大学医学部整形外科 客員教授

渡辺幹彦Dr.
渡辺幹彦
東京明日佳病院 院長
昭和大学医学部整形外科 客員教授
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本リハビリテーション学会 専門医
  • 日本整形外科スポーツ医学会 評議員
  • 日本臨床スポーツ医学会 評議員
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター
  • 日本野球連盟医科学部会 部会長
  • NPB(日本プロ野球機構)医事委員会委員
  • シドニー五輪・アテネ五輪 野球日本代表チーム チームドクター