0267-82-5311

内科・胃腸科

主な対象疾患

「内科・胃腸科」と聞くと「=胃と腸だけの専門家」と思う方が多いのかもしれません。
実際には胃や大腸などの消化管はもちろん、それ以外の全ての腹部臓器(肝臓・胆のう、すい臓など)に起きる様々な症状を診断・治療する科のことをさしています。

内科・胃腸科では、一般内科疾患のほか、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病、頭痛・めまい・しびれを呈する神経内科疾患、胃十二指腸潰瘍などの消化器疾患を対象に診療を行っています。

また、内科は薬物療法を行う科です。身体の状況や状態にあった薬を処方し、症状の改善を目的としています。

【内科・胃腸科の主な疾患】

消化器の疾患
逆流性食道炎 / 食道癌 / 胃炎 / 胃潰瘍 / 胃がん / 神経性(機能性)胃症 / 十二指腸潰瘍 / 大腸がん / 過敏性腸症候群 / 大腸憩室症 など

腹部・肝臓の疾患
肝炎 / 肝機能障害 / 肝臓がん / 胆石 / 胆のうポリープ / 胆のう炎 / アルコール性膵炎 / 膵臓がん / 尿管結石 / 腎盂腎炎 / 膀胱炎 / 前立腺肥大症 など

体調不良を感じたり、内臓の動きが悪い・痛みを感じるなどの症状があるときには、受診・相談なさってください。

診療科の特色 ~内科・胃腸科~

内科・胃腸科の診療内容

「内科」は、医学の基本となる診療科、ではないでしょうか。
疾病を癒し、健康を回復し、これを保持する「医学」の本道であり、臨床医学の基礎となるものです。したがって内科学とは人間の病態を正確に把握し原因を突き止め診断を下し、早期に治療を行う臨床科学といえます。

医師は技術者であるばかりでなく、科学者としても鍛錬されていなければなりません。また、医の倫理と道徳も併せ持たなければなりません。

医は技術と科学と倫理の3つの面を持っており、その中心となるものが内科学であります。

難しく聞こえてしまうかもしれませんが、具合の悪い状態から健康を取り戻す、という「治療の基礎」になる診療科であるということです。

整形外科・形成外科のケガや疾患などで入院されている患者さまの健康状態も含め、快方に向かうよう治療をしております。

当院の内科は週に一度の診察日ですが、気になる症状がある場合には受診なさってください。精査が必要な場合には地域の総合病院への紹介もさせていただいています。

ページ
TOP