0267-82-5311

膝関節専門外来

主な対象疾患

膝関節に関する痛み、不安定感等に関するものすべての診療を行っています。
痛みや違和感に関しての詳細な診察ののち、患者様の状況に合った治療方法を選択し、相談をしながら治療に取り組みます。

膝は毎日曲げ伸ばしをする部位。スポーツでの外傷だけではなく、日常生活の中で起こる痛み、成長の途中で起こる痛み、加齢と共に起こる痛み、様々な痛みを専門医が診察いたします。

【膝の主な疾患】
変形性膝関節症 / 半月(板)損傷 / 膝靱帯損傷 / 膝離断性骨軟骨炎 / 膝蓋骨不安定症 / オスグッド病 / 成長期による膝の障害 / スポーツによる膝の慢性障害 / 膝蓋骨脱臼 / 腓骨神経麻痺 /O脚・X脚 / 膝関節捻挫

日々の生活の中での改善からスポーツ復帰まで多方面にわたる治癒の形を目指し、患者様の悩みや痛みに寄り添う治療を心がけております。

診療科の特色 ~膝関節専門外来~

膝関節専門外来の診療内容

膝関節の重要性は、身体の中においても大きなものであると考えます。
膝関節は、体幹(体の中で頭部・手・足を除いたもの)と接地された足部のちょうど中間にある関節であり、人体関節中最大の関節です。痛みや違和感があれば、それは日常生活を不自由にする原因になります。

2本の足で歩き生活する人間の「膝関節」には、身体の他の関節に比べ次の特徴があります。

◆ 身体への荷重に対する安定性を持ち、関節面の適合性を確保している。

◆ 膝関節は人体で最も大きな関節。膝の曲がりに対して滑りを良くしている。

◆ 膝の中の大きな靭帯は主に内・外側側副靭帯と前・後十字靭帯の4本。これらにより通常の動きが保たれ、左右の横方向の安定に役立っている。

◆ 膝関節の機能を正常に維持するには、関節に負担をかけすぎず周りの筋肉を常に鍛えておくことが非常に大切。

私たちの体重を支え、歩いたり走ったりする時に使う膝。立ったり座ったりの曲げ伸ばしが多い膝。膝の動きがスムーズであれば私たちの生活も快適ですが、痛みが伴うと動くのも嫌になってしまいます。

痛みがあることから、歩くことを制限されてしまうと、生活も制限されてしまいます。
当院医師は、毎日の生活が快適になるように、やりたいスポーツがまたやれるように、その痛みの原因を見つけ診療を行っています。

当院では様々な膝の疾患に対して、運動療法から始まり、投薬、注射、手術療法まで、理学療法士・作業療法士と一体となり治療を行っております。ご心配な時は是非診察にお越しください。

ページ
TOP