0267-82-5311

スポーツ専門外来

主な対象疾患

日常行っている趣味としてのスポーツや、中高生・大学生・プロ選手のスポーツ部活動、小学生のスポーツ少年団における活動、そして中高年者の生涯スポーツなど、今やスポーツの位置づけは多岐にわたります。

それに伴い、スポーツ中に起きる外傷・障害、また小さなころからスポーツをしていく上での成長期特有の障害など、「ケガ」の種類も多くなっています。

当院ではケガ等の診療後にはリハビリテーションを行います。

身体とケガの様子を知り、治療だけではなくスポーツをする上での体の使い方などもアドバイスしています。受診後はリハビリだけの通院も可能です。

当院ではスポーツ活動支援とリハビリに力を入れており、スポーツ外来では痛みや不安なくスポーツに復帰できるよう、患者さまをサポートして参ります。

診療科の特色 ~スポーツ専門外来~

スポーツ外来の診療内容

当院整形外科ではスポーツ外来を設け、スポーツでケガをされた方の診察を専門に行っています。
診察時間は、週により多少変更がありますので、事前にお電話などでお尋ねください。

スポーツによるケガには二通りあります。

【スポーツ外傷】
転んで捻ったり、タックルされて打ったといった、いわゆる「その時」の状況によって負うケガのことです。骨折・捻挫など突発的に起こるものがこれです。

【スポーツ障害】
同じ動作をくり返して身体の一部分に何度も力がかかる、つまり使いすぎによって起こる障害のことです。腱鞘炎・ジャンパー膝・野球肘・テニス肘など、慢性的なものがこの代表です。

治療からスポーツ復帰へ

スポーツは記録や技への挑戦です。練習の成果を発揮することで結果や満足感を得られます。
「根性」だけでは、活躍は期待できないばかりか、かえって新たな障害を生むことになりかねません。

また、社会スポーツ・生涯スポーツとしての側面もあります。いつまでも自分の体でスポーツを楽しめたりできるようにしたい。ケガをしてそれが損なわれることは自分にとっての損失です。

スポーツ医学はケガなどの「マイナス面をなくすこと」の他、体力づくりや筋力強化などの「プラス面をより高める」ことにも関係しています。

ケガから回復するとき、病院での治療は日常生活が十分行うに足るまでで終了します。スポーツが元通りできる、というレベルまでに「ケガから回復する」には、そこからより以上の筋力回復やプレーできるコンディションづくりが必要となります。

当院では理学療法士がそのお手伝いをします。運動機能回復を促したり、筋力の回復を定量的に測定して運動訓練に役立て復帰を目指すリハビリテーションを提供しています。

ケガをしても、またスポーツができる身体に戻すことができる。
そこまでが診断・治療・リハビリを行う意味であり、当院の使命だと考えています。

ページ
TOP