0267-82-5311

雨宮病院について

院長からのご挨拶

雨宮雷太

院長 雨宮雷太

『医の原点に立ち、病める方々のために、医師・看護師・その他の医療従事者が一体となって誠意と技術を傾注する、患者さん本位の病院をつくりたい。』

との念願で、昭和57年3月、「雨宮外科病院」を開院致しました。

~病院略歴~

平成6年3月

「医療法人 雨宮病院」に改組し、内科・リウマチ科・アレルギー科の増設、ならびに整形外科・皮膚科の充実に力を入れました。
また更に胃カメラ・エコー装置・開放型MRI・骨密度測定器・動脈硬化度測定器等の導入による診察機能の向上を行いました。

平成8年12月

1階リハビリ棟の増築によりリハビリテーション科の拡充強化と施設基準の取得を行い、医療関連施設の整備に努めました。

平成16年9月

新入院病棟・介護保険施設を増築し入院病棟の1床あたりの面積を広げ、より一層の医療環境の充実を果たしました。
また、病院医療と在宅療養に連携を密接に行う目的から、介護保険サービスの必要性を考慮し「介護支援センターさくら」を開設するに至りました。

平成19年10月

当院と提携する、特別養護老人ホームさくら苑が開所いたしました。

平成23年11月

高齢者の大腿骨頸部・転子部骨折症例の増加に伴い、院内に「大腿骨頚部骨折センター」を立ち上げ、チーム医療の実践をスタートいたしました。

平成24年12月

新型MRI「Brivo MR355 Inspire 1.5T」を導入いたしました。

平成26年4月

地域包括ケア病床(35床)を開設いたしました。

平成28年10月

病院東側増築部分の「2階リハビリルーム」が完成。入院専用のリハビリスペースとして増築いたしました。患者様の在宅復帰に向けたリハビリテーションに、より一層力を入れました。
また病院内にフリーWi-Fiを設置し、外来待合・入院病棟共に患者様に使用していただけるよう完備しました。外来待合にはサイネージも導入いたしました。

平成29年10月

CSセット(有料)を導入いたしました。これにより、患者様の急な入院時も荷物の心配をしなくて済む体制が整いました。

平成30年3月

中部横断自動車道・佐久臼田ICおよびアクセス道路が開通・完成。それに伴い、病院南側道路と交差点が閉鎖されました。信号機の位置も南側・アクセス道路交差点へ移動となりました。

令和2年2月

電子カルテシステムを導入いたしました。これにより院内の診療データが明確化し、きめ細やかな診療体制を整えることができました。

令和2年4月

入院病床・54床を全て地域包括ケア病床といたしました。

令和5年3月

臼田地区4小学校(青沼/臼田/切原/田口)の閉校・統合に伴い、当院の道沿い南側方面に「新・佐久市立臼田小学校」が建設されました。
それに伴い、当院敷地横(以前は信号有の交差点)に白い歩道橋が完成し、駐車場入り口は「通学路」となりました。景観も以前とは大きく変わりました。

これからも粉骨砕身、地域医療のために努力してまいります!

理事長・院長略歴

病院の概要

設備

設備

施設基準等

一般病棟入院基本料(13対1)/診療録管理体制加算2/感染対策向上加算3/電子的診療情報評価料/認知症ケア加算3/ データ提出加算1/入退院支援加算1/医療DX推進体制整備加算/地域包括ケア病棟入院料1(看護職員配置加算・看護補助体制充実加算1)/ 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)/脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)/呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)/CT撮影及びMRI撮影/手術の通則5及び6に掲げる手術/ 在宅療養支援病院3/在宅時医学総合管理料及び施設入所時等医学総合管理料/骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家培養軟骨移植術に限る。)

諸指定

諸指定 ほか

病床数

病床数

諸指定

手術件数

ページ
TOP